ヒアルロン酸注入ガイド

   

美肌を目指す人のためのヒアルロン酸注入

30代に入るとシミやシワなどの肌トラブルに悩む人が増えます。
同じ年齢でも日頃のケアによって肌の若々しさが異なります。
最近は優れた化粧品が多くなっているので、肌トラブルがなければ健やかな肌を維持することは可能です。
シミやシワが目立つようになった肌を本来の状態に戻したい場合は、化粧品だけだと限界があります。
美容クリニックで人気を集めている施術方法のひとつがヒアルロン酸注入です。
美肌になると話題のヒアルロン酸注入には多くのメリットがあります。
ヒアルロン酸は体内にある成分で、関節や眼球に多く含まれています。
保水力が高く肌の潤いを守ってくれる存在です。
皮膚は表皮と真皮、皮下組織で構成されています。
皮膚の大部分を占めているのが真皮です。
真皮にはコラーゲンとエラスチンがあり網目状になっています。
コラーゲンとエラスチンが作り出す網の隙間を、ヒアルロン酸を含む成分が埋めて潤いを守ります。
ヒアルロン酸が最も生成されるのは赤ちゃんの頃で、年齢が上がると徐々に減っていきます。
ヒアルロン酸は多くの化粧品に配合されサプリメントもありますが、化粧品は一時的な潤い効果しかなくサプリメントを飲んでも体内の保有量が増えるわけではないです。
はっきりした効果が期待できるのがヒアルロン注射になります。
個人差があり注入する部位により効果の出方が異なりますが、平均して数ヶ月から数年効果が持続します。
効果が持続している間にヒアルロン酸はゆっくりと吸収されていきます。
1回薬剤を注入するだけで、長ければ数年効果が持続するので、何度も施術を受けなくて済みます。
薬剤の種類は1種類でなく、様々な種類の製品が販売されています。
シワの深さや肌の状態によって適切な薬剤を使い分けることができます。
自分に合った薬剤を使うことで、若々しい肌を保てます。
ヒアルロン酸注入の利点は、失敗しても修正できることです。
施術を受けてみたものの仕上がりに満足できなかった場合は、後から修正できるので安心して施術を受けられます。
薬剤を使う場合に気になるのがアレルギーですが、ヒアルロン酸は体内にある成分なのでアレルギー反応の心配はほとんどないです。
アレルギーが心配な人はアレルギーテストを受けることができます。
稀ではあるものの、ヒアルロン酸注入を行った後にすぐ元に戻ってしまうケースもあります。
そのような場合は、再度注入することで解決することが多いです。
ヒアルロン酸注入では注射を使うので、針で毛細血管を傷つけてしまう例があります。
毛細血管が傷付くと内出血が起こりあざができる人もいます。
内出血の量が多いと顔が腫れることもあります。
内出血が起こった場合も腫れてしまった場合も、平均して1週間もすれば回復します。
外出する場合はコンシーラーやファンデーションを使えばカバーすることができます。
注射を使うので痛みを心配する人もいますが、針を刺すときに少し痛みがある程度です。
注射針は先が丸くなった極細の注射針を使います。
我慢できないほどの痛みが出ることはほとんどないですが、注射が苦手で不安な場合は麻酔を使うクリニックもあります。
クリニックによって治療方法が異なるので、不安や心配なことがある場合はカウンセリングのときに医師に伝えておきます。
ヒアルロン酸注入はメリットが多くデメリットが少ない施術方法なので、多くの女性が利用しています。
美容クリニックや美容皮膚科のメニューとして広く知られていますが、関節痛の治療にも使われます。
健康と美容の維持に幅広く利用でき、メスを入れる治療に比べると料金もリーズナブルでダウンタイムもほとんどないです。
医師の技術力が仕上がりにも影響するので、実績や評判について事前に調べてから施術を受けた方が安心です。

クリニック , シミ , シワ , ヒアルロン酸注入 , 美容クリニック , 肌トラブル