ヒアルロン酸注入ガイド

   

ヒアルロン酸注入のメリットや注意点について

どんな女性であっても、加齢によって肌には様々な悩みを持つことになるでしょう。例えばしわやほうれい線はその代表的な悩みの一つと言えます。しわやほうれい線があると老けて見えることから、このようなしわやほうれい線を消して、若々しい肌を保つための手段として、ヒアルロン酸注入を選ぶ人も多く見られます。ヒアルロン酸は代表的な保湿成分としても様々な美容アイテムの配合されているものです。本来ヒアルロン酸は体内に存在している成分で、体内の数々の細胞をつなぎ止める役割を果たしています。皮膚や筋肉、軟骨などを構成する主成分でもあり、優れた保湿力や保水力を備えている成分です。この保湿性や保水性に優れたヒアルロン酸を注入することによって、肌には若々しいハリをもたらすことになるでしょう。
ヒアルロン酸注入のメリットとしては、まず第一に体への負担が少ないことが挙げられます。美容目的で整形手術などを選ぶ人も増えてきていますが、このようなメスを使う外科手術の場合には、体に傷を入れることにもなります。傷が目立たなくなるまでにはかなりの時間がかかり、その後の体のメンテナンスについても気をつかう必要があるでしょう。それに対しヒアルロン酸注入はメスを使うことがないので、体や精神的に負担が少ないことは大きなメリットとなります。ヒアルロン酸収入はわずか10分程度で処置が完了するため、この手軽さも人気の理由といえます。そして安全性にも優れているというメリットがあります。体外から成分を体内に注入することになるので、やはり安全性が気になるという人は多いものです。しかしヒアルロン酸は本来肌に存在している成分であり、アレルギーの心配もほとんどありません。安全性の高い美容治療の一つと言えるでしょう。そして気になる患部に直接注入することから、効果を実感しやすいこともメリットです。注入している間も鏡を見ながら量を調節することができるので、自分が希望する仕上がりになることが期待できます。
このように様々なメリットがある半面で、反対にデメリットや注意点があることから、これらを把握したうえで施術を受けるかどうかを検討する必要があるでしょう。まず最初に細菌の感染の可能性が少なからずあることが考えられます。肌に直接注入するので、管理が行き届いていなかったり、注入する際の注射器の消毒などが徹底されていなかった場合には、細菌に感染してしまう可能性があります。万が一細菌に感染した場合には、患部が腫れたり炎症を起こすことが考えられます。そしてヒアルロン酸注入を行った場合には、製剤が皮下組織化を起こす可能性があります。皮下組織化が起こった場合には、本来であれば望むはずのないぼこぼことした肌になってしまったり、しこりができる可能性もあるでしょう。ほうれい線やしわを消すつもりで行ったはずのヒアルロン酸注入が、かえって反対の効果を生み出す可能性もあるということです。またたとえ皮下組織化が起こらなかったとしても、注入を繰り返すことにより、肌には注射をした跡が残ることも考えられるでしょう。これにより肌にたるみが生じるケースも見られます。
そしてアレルギーや内出血のリスクも考えておく必要があります。アレルギーのリスクについては比較的少ないものとされていますが、体外から強制的に精剤を注入することから、絶対にアレルギーは起こらないと言えるわけではありません。数カ所に分けて注入することによって、肌には内出血が起こる可能性もあるでしょう。そして即効性はあるものの、ヒアルロン酸は体内に吸収されていくので、その効果は2カ月から3カ月ほどしか持ちません。持続させていきたいのであれば、定期的に処置を受ける必要があるでしょう。

ほうれい線 , アレルギー , シワ , ヒアルロン酸注入 , メリット , 加齢