ヒアルロン酸注入ガイド

   

女性に人気があるヒアルロン酸注入と痛み

美容クリニックや美容皮膚科で人気を集めているメニューのひとつがヒアルロン酸注入です。
ヒアルロン酸は皮膚や目、関節に含まれ様々な役割を担っています。
よく知られているのが皮膚の水分を保持する働きで、真皮には多くのヒアルロン酸が含まれます。
真皮で肌の弾力やハリを保つコラーゲンやエラスチンなどの隙間に存在し、水分を抱え込み肌の潤いを守ります。
真皮内のヒアルロン酸が少なくなると、水分を保持することが難しくなり皮膚の表面が乾燥して肌のハリがなくなります。
細胞と細胞の間でクッションのような働きをしているヒアルロン酸は、年齢を重ねると徐々に減っていきます。
ヒアルロン酸注入は人気が高いので、多くの美容クリニックや美容皮膚科で施術が行われています。
保湿力が高いヒアルロン酸は化粧品やサプリメントなどの成分としても有名です。
エイジングケア製品にもヒアルロン酸が使われています。
保湿力を期待して肌につける人が多いですが、潤うのは角質層までです。
皮膚の表面の水分を保つことで、ある程度の水分の蒸散は防ぐことができます。
真皮まで届くと潤いが違いますが、分子が大きいと真皮までは届かないです。
サプリメントも分子が大きいと体内に吸収されにくくなります。
美容クリニックや美容皮膚科では、ヒアルロン酸を注射を使って皮膚に直接注入していきます。
個人差はあるものの、数ヶ月から数年と長期間効果が続くというメリットがあります。
注入されたヒアルロン酸は体内にゆっくりと吸収されていきます。
注射で皮膚に注入される薬剤には様々な種類があります。
薬剤は製薬会社により効果が異なるので、施術を希望する人の肌の状態をチェックして最適な注入剤を使います。
適した薬剤を使うことで、トラブルを防ぎより高い効果が期待できます。
ヒアルロン酸注入は注入してから数日経ってから皮膚が膨らみすぎてしまったり、表面にでこぼこができてしまったりすることがあります。
そのような場合でも修正できるので安心です。
ヒアルロン酸を分解する薬剤を注入することで除去できます。
ヒアルロン酸注入の施術を受けてみて仕上がりに問題があると感じた場合は、修正を行います。
失敗しても修正できるのがヒアルロン酸注入のメリットです。
もともと体内で生成されている成分なので、アレルギーの心配もなく気軽に施術を受けられます。
施術を受ける場合に副作用や痛みについて心配する人は多いです。
注射をするときに毛細血管を傷つけてしまうと、内出血でアザができることがあります。
内出血の量が多くなると顔が腫れてしまうケースもあるので注意が必要です。
内出血も顔の腫れも稀で、通常は1週間程度で元に戻ります。
元に戻るまでに外見が気になるようであれば、コンシーラーやファンデーションを使ってカバーします。
顔に注射をするので少しの痛みはありますが、現在使われている注射針は進化しているので、我慢できないほどの痛みではないです。
注射をする部位や注入する量によっては痛みが出る人もいるので、心配な人は医師に相談すれば麻酔を打ってくれるクリニックもあります。
ヒアルロン酸注入はメリットが多くデメリットが少ない美容療法ですが、クリニック選びは重要です。
できるだけ実績が豊富なクリニックを選び、信頼できる医師に施術をしてもらいます。
最近は美容クリニックも美容皮膚科もホームページを持っているので、施術内容を詳しく調べることができます。
どのような薬剤を使っているか、どのくらいの料金で施術を受けることができるか事前に把握しておけば安心です。
施術前にはカウンセリングがあるので、ホームページで調べても不明な点がある場合は詳しく説明してもらえます。

アンチエイジング , ヒアルロン酸分解 , ヒアルロン酸注入 , メリット , 保湿