ヒアルロン酸注入ガイド

   

人気の美容法ヒアルロン酸注入はどれくらい持つか

加齢により肌の老化が進むとシワやたるみが目立つようになります。
美容クリニックや美容皮膚科では様々なエイジングケア治療を行っていますが、数ある美容メニューの中で高い評価を受けているのがヒアルロン酸注入です。
ヒアルロン酸は人間の体内に含まれている成分で、細胞と細胞の間に多く存在しています。
水分保持力が亜t核、クッションのような役割も担っています。
皮膚では特に真皮に多く含まれ、皮膚表面の潤いを守ります。
加齢によりヒアルロン酸が減ってしまうと、肌が乾燥してハリがなくなります。
ヒアルロン酸注入の施術を受けることで、肌のハリと潤いを取り戻すことができます。
美容クリニックや美容皮膚科では注射でヒアルロン酸を皮膚内に注入します。
体内にもともとある成分なので、アレルギーの心配もないです。
施術時間が短いのもヒアルロン酸注入の特長で、施術が終わった直後でもメイクをして帰宅することができます。
目元のシワや口元のほうれい線が気になる場合は、ヒアルロン酸を注入することで若々しい肌に導きます。
目の下がくぼみ影ができると老けて見えますが、ヒアルロン酸を注入してボリュームアップすればハリが出てきます。
唇がうすくて悩んでいる場合も、ヒアルロン酸を注入すればふっくらとした魅力的な唇が実現します。
ヒアルロン酸注入はエイジングケアによく利用されますが、メスを入れずに鼻を高く見せたいときにも使われます。
形を整えることで、華やかな顔立ちが生まれます。
30代以降の女性の悩みで多いのが鼻から頬にかけて出てくるほうれい線ですが、ヒアルロン酸を注入することで目立たなくなります。
ほうれい線がないだけで女性は若く見られます。
美容クリニックや美容皮膚科では、医師がヒアルロン酸を上手に使って魅力的な顔立ちにデザインします。
医師の技術力が仕上がりにも影響するので、実績が豊富で評判のよい医師が在籍するクリニックを選ぶことが重要になります。
痛みが心配な場合は、注入前に麻酔クリームを塗布してくれるクリニックもあります。
クリニックでは厚生労働省に認可されている薬剤を使っているので安心して施術を受けることができます。
ヒアルロン酸注入を希望する場合は、まずクリニックに予約を入れて無料カウンセリングを受けます。
医師から施術内容の説明を受け、納得できたら契約を行って施術を開始します。
施術当日は注入を希望する部位のメイクを落とし、ヒアルロン酸を注入します。
施術後のダウンタイムが短いので、仕事を持っている人でも気軽に施術を受けられます。
稀に薬剤を注入した部分に赤みや腫れが出ることがありますが、時間が経過すると解消されていきます。
通常は1週間から2週間程度で解消が可能です。
施術を行った当日は、激しい運動や飲酒を避けます。
運動や飲酒で血液の流れがよくなると内出血の出現リスクが増大します。
ヒアルロン酸を注入した場合、時間が経過すると徐々に体内に吸収されていきます。
どれくらい持つかは個人差がありますが、一般的に半年から1年くらいは持ちます。
新しく発売された薬剤の中には2年ほど持続するものもあります。
長く効果を持続させたい場合は、定期的にヒアルロン酸を注入します。
注入治療を繰り返しても後遺症などがないので安心です。
注入した薬剤が神経を圧迫することで痛みが出る人もいますが、通常は時間とともにヒアルロン酸がなじむので痛みは自然に解消します。
希望があれば痛み止めの処方も可能です。
美容クリニックや美容皮膚科を選ぶときにアフターフォローが万全なクリニックを選んでおけば、施術後も様々な相談ができます。
最近は無料のメール相談を受け付けているクリニックも増えています。

アンチエイジング , クリニック , ヒアルロン酸注入 , プチ整形 , 麻酔