ヒアルロン酸注入ガイド

   

ヒアルロン酸注入のリスクや違和感を感じた時の対処法

加齢によるシワや頬のたるみなどを改善するための美容整形術として、多くの人が利用しているのがヒアルロン酸注入です。ヒアルロン酸は元々人の体内に存在している美容成分で肌の保湿や弾力性の維持などに欠かすことのできない成分なのですが、加齢によって徐々に減少してしまいます。ヒアルロン酸注入は短時間で済みますし、低リスクで行える美容整形術である上にシワやたるみの改善だけでなく駐車した部分のボリュームアップの効果も期待できます。鼻や唇の形を整えたりバストアップ効果を期待して多くの女性がヒアルロン酸注入を行なっているのですが、当然全ての人が100%満足できる効果を得られるわけではありませんし、ヒアルロン酸注入を行なった後に違和感を感じたり、思ったような効果を得られない場合があります。具体的にはどのような副作用があるのかや、副作用を感じた際にはどのように対処をすればよいのかなどを確認していきましょう。

ヒアルロン酸注入後に感じやすい違和感としてまず挙げられるのが、駐車した部分の腫れやむくみです。実際に注入直後は多くの人が腫れなどを感じていますが、これは術後1週間程度で自然と治まるケースが多くなっています。晴れやむくみを感じても慌てたり患部を必要以上に押したりせず、自然の治まるのを待ちましょう。また晴れやむくみと同様に注射を打った箇所が内出血を起こしてしまうケースも度々報告されています。皮膚の薄い部分や血管が密集している部分に駐車をすると内出血が起こりやすいことを念頭に置いておきましょう。内出血も手術からおよそ1週間程度で自然と治まることが多いので、慌てず患部を保護することをおすすめします。

可能性としては低いのですが、注射なので極稀に感染症が発症してしまうことがあります。この場合は抗生物質を利用して治療を行っていくこととなるので、手術を受けたクリニック・担当医に相談をしましょう。副作用というわけではありませんが、術後にイメージしていたような効果が得られなかったとコメントする人は少なくありません。思っていたよりもシワやたるみが改善されなかったという意見や、想定していたよりも鼻や唇が大きくなり過ぎてしまった等のトラブルはヒアルロン酸注入ではよくある話です。事前に担当医としっかり相談をして術後のシミュレーションを行なっておくことでイメージ違いのトラブルは防ぐことができるので、事前の打ち合わせやシミュレーションは妥協せず自分が納得できるまで行うことをおすすめします。

口コミ評価の高い美容クリニックの場合、イメージ違いのトラブルを防ぐために事前のカウンセリングやシミュレーションは入念に行いますし、もしも術後にトラブルが生じてしまった場合などには無料で診察や薬の処方などを行う補償の説明などを行います。もしも事前のカウンセリングやシミュレーションが適当に行われていたり、公式サイトなどで術後のトラブルについての補償が明記されていない場合、安心して任せられるクリニックではないと判断できます。クリニック選びの際にはトラブルが生じた場合の補償制度を確認することと、無料カウンセリングの際のスタッフや担当医の対応を見極めることが肝心です。

ヒアルロン酸の注射は医療行為なので一定のリスクが伴いますし、手術の際には若干の痛みが伴いますが、成功率が極めて高い上に即効性も高いため短期間で若々しい肌を手に入れることができます。手術を受ける際にはリスクや術後の過ごし方などをよく理解しておくことが大切ですし、信頼できる医師に手術してもらうことで無理なく理想の肌を手に入れることができます。腕の良いクリニックを見つけて納得できる手術を受けましょう。

ヒアルロン酸注入 , リスク , 違和感