ヒアルロン酸注入ガイド

   

ヒアルロン酸注入で顎をもっと魅力的に

ヒアルロン酸注入は美容全般で注目されていますが、実は顔の輪郭を整えるのにも向いているアイテムです。
人の顔は正面や斜めだけでなく、横顔の印象もまた美しさを左右するものです。
鼻と顎を結ぶ直線をEラインと呼び、唇が触れないか多少触れる程度が美しい横顔とされています。
ヒアルロン酸注入は、このEラインを作るのにも有効で、顎をデザインして魅力を引き出すことが可能です。
Eラインは元々はアメリカ人の歯科医が提唱した基準ですが、1954年当時から現在に至るまで用いられます。
目鼻立ちに立体感がある欧米人に対し、日本人はこのEラインを満たさない人の方が多い傾向です。
理由としては、顎の骨が大人になっても未発達だったり、不十分な鼻の高さがあてはまります。
その為、2つの理由で横顔に物足りなさを覚える人がいるわけです。
ヒアルロン酸注入はまさに、美しく自然な横顔を演出する現実的な方法で、メリハリのあるシャープな印象が与えるのに役立ちます。
横顔が整うと正面から見ても印象が変わるので、より前向きで自信が持てる自分になれるでしょう。
施術後の持続時間は6ヶ月から1年、長くても2年ほどですから、元に戻したいと考えるようになっても大丈夫です。
勿論、継続するのも自由ですし、デザインを変えてみるのもありです。
いずれにしても、ヒアルロン酸注入は適用範囲が広い上に、自由度が高く理想的なデザインを施せるのが魅力です。
顎は骨が輪郭に大きく影響しているので、出っ張っている場合は削る必要がありますが、日本人だと不足しているケースが多いです。
つまり、ヒアルロン酸注入で対応できる可能性が高く、実際に様々な悩みを解消する為に使用されています。
顎の悩みにも幅広く有効で、奥まっている人は先端に注入するとバランスが良くなります。
先端が尖って目立ち気味でも、下や斜めに注入を行えばシャープで小顔な印象が強まります。
輪郭に立体感を出したい、でも顔の長さが気になる場合は、先端正面部分の前方に向けて注入することで心配が解消します。
注射なので傷跡は残りませんし、時間が経てば元に戻りますから、不可逆的な外科手術に抵抗感がある人にも最適です。
腫れのような症状は殆ど起こらず、メイクは当日直ぐに再開できるので、ダウンタイムのなさもまた強みです。
施術後は腫れが引くまで待つ必要はなく、短時間で変化の実感が得られるでしょう。
輪郭の大掛かりなデザインや、半永久的な変化を求めるのには向きませんが、手軽な方法としてはリーズナブルで魅力的です。
所要時間は10分ほどです、施術の痛みは局所麻酔か麻酔入りのヒアルロン酸で解決します。
施術の主なリスクは内出血程度なので、入院はいうまでもなく通院も不要です。
メイクは当日可能ですから、洗顔も同様に当日中に行えますし、マッサージは当面禁止なものの1週間程度で済みます。
このように、ヒアルロン酸注入は顎の悩み解消に有用で、リスクやデメリットが少ないこともまた優れたポイントです。
所要時間が短いので、忙しくても気軽に受けられますし、まるでコンビニに立ち寄るかのような感覚で顔の輪郭の魅力が引き出せます。
長年のコンプレックス解消や、理想を追い求める希望に対しても、ヒアルロン酸は期待に応えてくれる美容の選択肢です。
年齢による輪郭のラインの崩れも同じく、注射を使った注入1つで改善する可能性があります。
近年、美しい横顔は注目を集めていて、他人の視線が気になるという声もまた少なくないです。
メイクを工夫したり髪型で印象を変えるのも1つの手ですが、物理的な輪郭には手を加えられないので、ヒアルロン酸のようなアイテムが注目の的となっています。
個人では難しい理想が実現しますから、メイクを越えた輪郭の変化を体験したい人に朗報です。

ヒアルロン酸注入 , プチ整形 , , 鼻の高さ