ヒアルロン酸注入ガイド

   

ヒアルロン酸注入でゴルゴ線は消せるのか

人間は、年を重ねるごとに顔に皺が出てきます。昔から、しわがある人はそれだけ人生経験が豊富で生き証人のような存在でした。ですが、最近は皺があることは自分にとってネガティブな事実だと考えている人が多いです。特に女性の場合は、顔を重視する人が多いため余計に顔のしわを気にします。顔のしわにも様々な種類がありますが、その中でゴルゴ線と呼ばれるマンガの主人公のような名前の線があります。これは、年齢とともに出てくる人は出てきますが、出てこない人もいるでしょう。もしこの線が出てきてしまった場合には、何らかの疲れがたまっているか肌の手入れが不十分の可能性があります。そのため、今からお肌の形容すれば十分に消すことができるかもしれません。ですが、残念ながらすぐに消えない場合にはほかの手立てを考える必要があるでしょう。
その方法の一つが、ヒアルロン酸注入にあります。そもそも、ヒアルロン酸とはいったいどのようなものなのでしょうか。特徴を一言で言うと、水分をたくさん含む成分です。肌に入れたときに、たくさんの水分をふくむことができるため非常に柔らかいのが特徴です。あまり知られていませんが、実はヒアルロン酸は人間の体内でつくられているものです。例えば皮膚も眼球もヒアルロン酸によって成り立っている部分があります。そのため、これらは弾力があるわけです。ですが、残念なことに人間は成長するごとにヒアルロン酸を作り出すことができなくなります。そのため、若いころはたくさんあったヒアルロン酸も年齢とともに減少していき、悲しいことについには皺が発生することになるわけです。
これにより、そのまましわが増えるのを待つ方法もありますが、それよりもヒアルロン酸注入を行うことで人工的に対応することも可能になります。では、どのようにして顔の中にヒアルロン酸を入れるのでしょうか。この方は実に簡単で、人工的に注射を行えばよいだけになります。よくわからない人は、手術でもするのではないかと恐れてしまいますが、実際はもっと簡単に行っているのは現状になります。
ただ、注射をする場合でもインフルエンザの注射とは異なりヒアルロン酸を注入するため通常の注射に比べても痛みが伴います。この場合そのまま注射するわけにはいきません。そこで、麻酔をして注射するのが普通になります。麻酔をする場合には、ヒアルロン酸を注入するとき合わせて合計1時間ほどの時間をとった方がよいでしょう。そのため、予定を入れる時には1時間以上は必ずあけておくようにした方がよいです。忙しい時にうっかり注射をしてしまうと予定が狂ってしまうことも考えられます。
では、どれぐらいから効果が出るかといえば、注射をしてから比較的すぐに効果ができます。もちろん、その人の体質によっても変わってきますがたいていの場合1週間後ぐらいにもう一度来てほしいと病院で言われるでしょう。その時に、病院に行き特に問題がなければそのままの状態で過ごすことができます。ところが、いまひとつ皺がなくなっていない場合には追加で注射をすることもあるでしょう。この場合、追加料金が発生することもありますが病院の方で配慮してくれて安い料金でしてくれるか一切料金がかからないか知らないと困りますので最初の段階で確認しておくとよいです。確認さえしっかりしておけば、後になり「言った言わない」のトラブルになることはないでしょう。
では、一回注射をしたらおしまいかといえば効果は一生続くわけではありません。どこかしらのタイミングで、効果が弱まってきます。そのタイミングを人によって異なるものの、おおむね1年間から2年間は効果が持続することが多いです。ですが3年もすると効果が持続しなくなりますのでおおむね2年でもう一度打ち直すべきです。

クリニック , ゴルゴ線 , シワ , ヒアルロン酸注入