ヒアルロン酸注入ガイド

   

クリニックのヒアルロン酸注入でバストアップ

世の中には豊かな胸を持つ人もいれば小さな胸で悩んでいる人もいます。
加齢によって胸が垂れてしまい困っている人も多いです。
思春期の頃から成人期にかけて女性ホルモンが分泌されることでバストは大きくなります。
女性ホルモンの分泌が多いほど大きなバストになります。
乳腺の発達と深い関係があるのが卵胞ホルモンと黄体ホルモンです。
一般的に卵胞ホルモンと黄体ホルモンを女性ホルモンと呼びます。
黄体ホルモンは排卵後に分泌量が増え、生理の前になると分泌量がピークになります。
乳腺の発達にも影響があるホルモンで、胸を大きくしたい人にとっては重要な要素です。
女性によってホルモンの分泌量が違いますが、その原因のひとつがストレスです。
恒常的なストレスは、女性ホルモンの分泌に影響を与えます。
度が過ぎる運動やプレッシャーもホルモンバランスが崩れる原因になります。
胸のサイズを決める遺伝子的な要素は約3割なので、規則正しい生活をしてストレスをためないことが大切です。
バストアップには睡眠も重要で、質の良い睡眠をとるとで女性ホルモンの分泌がスムーズになります。
成長期の後でも胸は大きくなる可能性があります。
胸を大きくしたい人はエクササイズや食事療法など様々な方法でバストアップに挑戦していますが、確実に胸を大きくするなら美容クリニックの施術が早いです。
体にメスを入れるのが嫌な人にはヒアルロン酸注入という方法があります。
ヒアルロン酸注入はリフトアップだけでなくバストアップもできます。
豊胸用のヒアルロン酸を注入して胸の形を大きくしたり整えたりします。
メスを使う豊胸手術とは異なり、ダウンタイムがほとんどないのもメリットのひとつです。
施術時間は片方が5分程度で、左右両方を大きくしても約10分終了します。
短時間で終わるので、仕事を持っている人でも休み時間を活用して施術を受けることができます。
ヒアルロン酸は液体なので注入する量を調整するのが簡単です。
クリニックでは、どの角度から見ても綺麗なバストラインが形成できるように整えていきます。
胸を大きくするのはもちろん、左右のバランスをとることもできます。
デコルテを作ったり魅力的な谷間を作ったりすることも可能です。
バストラインには黄金比があります。
正面から見たラインだけでなく、斜めや横からみても美しいラインになるように注入します。
デコルテのラインを作り胸元を綺麗に演出したい場合は、胸の上部に薬剤を注入して仕上げます。
胸の上部が強調されることで、セクシーな胸元を作ることができます。
ボリュームのある胸を演出したい場合は、両端にヒアルロン酸を注入します。
左右の胸のサイズに差がある人は、ボリュームが少ない方にヒアルロン酸を入れます。
胸の谷間を作りたい場合は、両方の胸の内側にヒアルロン酸を注入します。
胸の開いたドレスを着たときや水着になった際に美しい谷間を見せることができます。
薬剤を胸に注入する場合は、胸の目立たない場所に小さな穴を開けて入れます。
メスを使わずに体のことを考えて施術を行うので、傷跡が残ることはほとんどないです。
施術に使うヒアルロン酸は豊胸用なので、触り心地にも配慮されています。
天然の胸のような柔らかさがヒアルロン酸注入の魅力です。
薬剤の注入部は胸の下やワキの下など目立たない場所にあります。
注入した際に赤みが出ることがありますが、時間が経過すると徐々に消えていきます。
薬剤には様々な種類がありますが、クリニックでは品質の高いヒアルロン酸を使っています。
ヒアルロン酸は持続時間が長いのも特徴のひとつです。
定期的に施術を受けることで、常に美しいバストを保つことができます。

バストアップ , ヒアルロン酸注入 , ホルモンバランス , 女性ホルモン , 美容クリニック , , 黄体ホルモン